教育制度

一人ひとりのペースに合わせた教育プログラム

入職1年目は、スタッフナースとして自立するための最初のステップです。看護知識やスキルを全員で学ぶ「集合研修」と、ベッドサイドで患者さんに関わりながら学ぶ「現場教育」の2つがあります。どちらも一律に 進めるものではなく、一人ひとり、個別に対応したプログラムとなっています。所属病院・部署の機能や役割を踏まえ、適切な時期と内容で研修項目を組み入れていきます。1年をかけて自分のペースでしっかりと成長していける環境です。

新人教育年間プログラム

新人教育年間プログラム

新人看護師教育研修ハンドブック

新人看護師教育研修ハンドブック

事例からの学びや3か月ごとの先輩との振り返りをハンドブックに記載し、看護の考え方、根拠に基づいた技術を習得していきます。

エデュケーションナース

エデュケーショナルナース

新人看護師の教育責任者として、各部署の指導案の立案やプリセプターへのアドバイス、集合研修との連携などを行いながら、チーム全体できめ細やかな新人教育を行います。

e-ラーニング

本学は、看護手順を確認・習得するためのオンラインツールである「ナーシング・スキル日本語版」を導入し、パソコン・スマホから誰もがいつでもどこからでも簡単に閲覧、確認できる環境を整えています。事前学習で知識を習得し、根拠に基づいた看護技術を訓練、そしてe-ラーニングで理解度を確認する、という段階を踏むことで、臨床実践力の向上を目指します。実際には新人オリエンテーションの事前学習や受け持ち患者さんへ提供する看護技術の事前確認など、様々な場面で利用しています。

卒後教育プログラム   専門・認定看護師