教育制度

多くのスペシャリストが、病院全体を舞台に活躍

慈恵では多くのスペシャリストが活躍しています。専門分野における患者さんのニーズに応える看護の実践をはじめ、スキルアップ講座の開催など他の看護スタッフへの指導や、緩和ケアチーム・感染制御チーム・褥瘡対策チーム・栄養サポートチームなど、他職種とともにチームの一員として病院全体を舞台に活躍しています。スペシャリストの育成に力を入れており、バックアップ体制も充実しています。

支援制度

専門看護師を目指す方には、大学院進学を支援する制度があります。働きながら遊学する看護師も多くいます。認定看護師を目指す方には、慈恵独自の国内留学制度により、日常の業務から離れて就学し、留学手当の支給を受けて資格取得に専念できます。また、看護研究や外部の研究会参加など、看護教育を支援する基金もあります。

所属領域と人数

専門看護師
がん看護 5名 急性・重症患者看護 3名
精神看護 2名 家族支援 1名
小児看護 1名    
認定看護師
救急看護 9名 新生児集中ケア 1名
皮膚・排泄ケア 8名 透析看護 1名
集中ケア 4名 手術看護 3名
緩和ケア 2名 乳がん看護 3名
がん化学療法看護 8名 小児救急看護 4名
がん性疼痛看護 4名 認知症看護 5名
感染管理 12名 脳卒中リハビリテーション看護 2名
糖尿病看護 6名 慢性心不全看護  2名
不妊症看護 1名  訪問看護  1名
摂食・嚥下障害看護 1名    
(2017年9月現在)

 

メッセージ

精神看護専門看護師

高木明子 1999年入職 附属病院(本院)

メンタルサポートチームのメンバーとして患者さんの精神的なサポートを行っています。また、スタッフが元気に楽しく仕事に打ち込めるように看護師のメンタルケアも行い、気持ちに寄り添う看護の実践を支えています。

急性・重症患者看護専門看護師

山口庸子 2000年入職 附属病院(本院)

重症度や緊急度の高い生命の危機的状況にある患者さんやそのご家族に対し、専門的な知識・技術のもと集中的な看護を行っています。また、チーム医療が円滑に実践できるよう他職種間の調整なども行っています。

救急看護認定看護師

富士田恭子 1996年入職 柏病院

専門性を発揮した、救急患者さんへの看護実践を行っています。スタッフへの救命技術指導や災害対策委員としての活動のほか、急変患者対応能力の向上のためのセミナーを開催したり、事例検証なども行っています。

緩和ケア認定看護師

田村愛子 2003年入職 第三病院

患者さんの身体的、精神的、社会的苦痛を軽減し、その人らしく心穏やかに過ごせるようなケアを実践しています。どんな困難な状況になっても、あきらめずに患者さんとそのご家族を支え続けることを心がけています。

がん性疼痛看護認定看護師

小嶌順子 1992年入職 葛飾医療センター

看護専門外来で、がん看護相談を実施しています。通院中のがん患者さんの身体的な苦痛や心の痛みを緩和するためのケアを実践しています。また、看護部全体の質の向上を目指して、指導や相談に力を入れています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

川上恵美 1997年入職 附属病院(本院)

急性期における重篤化回避のためのモニタリングと、生活再構築のためのリハビリテーション看護が提供できるよう、実践力の向上に努めています。また、チーム医療の要としてストローク・コーディネート・ナースの役割も担い、救急医療の充実を目指しています。

新人教育プログラム   卒後教育プログラム