柏病院
看護部長メッセージ

柏病院看護部長
看護部長 山岸 清美

 

~最適な治療・療養環境の提供を目指して~

“患者を診る”慈恵の心と共に急性期医療を推進し地域に貢献する大学病院というビジョンのもと、在宅医療・地域包括ケアを推進していく『柏モデル』を構築している先進的な地域で高度医療と救急医療を担っています。近年は①24時間急患を断らないための病床管理②それぞれの専門領域が交わり総合的な医療の提供③地域完結型の医療、に力を注いでいます。また、外来から始まるPFMにより退院支援・退院調整の質向上が図れ、患者・家族にとって最適な場所での生活を獲得していくことへの支援ができています。 『看護の専門家として患者・家族の意思決定を支援し“その人らしく生きる”を支える』ことが重要な役割であることを共通認識し看護力の底上げに前向きに取り組んでいます。

~患者に寄り添うとは~

『相手の立場に立つ』ということの真の意味を理解しなければ、的のあった看護実践にはつながりません。看護の専門家は三重の関心(理性的な関心・心のこもった関心・技術的関心)を注ぎ、患者の抱えている問題の本質を見極めて患者のニーズに応えなければなりません。『wantとneedの違い』を正しく理解した上で、患者に寄り添い持てる力を引き出し、より良く発揮させることのできる看護師として成長していきたいと思っています。

~『あるべき姿』に向かって共に歩む~

高度急性期からターミナル期と幅広い段階の患者との関わりから看護師としてのジェネラルな能力が養われ、更なるキャリアアップを支援します。自分の夢や新たなキャリアに向かって経験を積み重ねていくことができます。専門家であるお互いを認め合い、高めあえる仲間として、一瞬、一瞬を大切にしながら共に成長していきましょう。