葛飾医療センター
看護の現場から

PFM(ペーシェント・フロー・マネジメント)システムを導入

葛飾医療センターでは入退院をコーディネートするPFM(ペーシェント・フロー・マネジメント)システムを導入しています。PFMとは中央病床管理を行い、病床の効率的な運用を図り、 患者の流れをスムーズにするシステムです。入院前から患者さんが安心して医療を受けられるよう、一人ひとりの状況を身体的、社会的、精神的背景からしっかりと把握し、入院中はもちろん退院後も含めた一貫した支援を管理しています。つまり院内の連携はもちろん、地域とのつながりで、切れ目のない医療を提供するものです。具体的にはNKネットワークの立ち上げ(南葛飾地区の医療機関、訪問看護ステーション間で転院支援・逆紹介ネットワークを強化)ています。

PFM(ペーシェント・フロー・マネジメント)システム

入院予約時から情報取得し、 患者さんの体の状況や生活背景にあわせて、術前指導、生活指導を行い、患者の持てる力を発揮させよりよい療養環境を整えています。また、退院調整を必要と判断した場合、職種支援者のコーディネートを行い、早期介入の調整をしています。

入院後も患者さんにとってよりよい療養環境とはを考え安心して生活できるように医師・看護師・SW・地域医療関係者(往診医・訪問看護師・ケアマネージャー)などとご家族を支えカンファレンスを開催し、地域で生活する事を可能にしています。