インターンシップ体験レポート

 

-私達がインターンシップで大切にしていること-

  •  1人ひとりが個性を生かし、
    自分らしく成長できる病院に出会えるよう、
    看護学生とともに看護観を深める場であること
  • 慈恵で働く上での不安や疑問が軽減され、
    就職への期待が高まる場であること
看護師や患者さんがどんな表情で過ごしているか、
慈恵の職員になった気分で
臨床現場をぜひ味わってください!

附属病院(本院)で行われた
実際のインターンシップの様子をご紹介します
  
9:00
集合

タイムスケジュール、注意事項を確認し、早速体験部署へ出発!
慈恵の良さは、とにかく看護に一生懸命な所。じっくり見て来てくださいね。

9:30
それぞれの部署でインターンシップ開始

まずは1日一緒に過ごす先輩をご紹介。
学生さんは北海道から来てくれました!

9:30~12:00
先輩と一緒に看護体験

先輩が担当している患者さんに、一緒にごあいさつ。
先輩は患者さんの体調を確認したり、1日の予定を確認したりしています。

12:00
昼食

昼食は部署の休憩室で、先輩と一緒に摂ります。
一緒に休憩に入る先輩たちと、
寮のことや、普段の様子等いろいろ話してみてください。

名札に緑のシールが貼ってあるスタッフは1年目です。
就活のことや1年目教育のことなど、
聴きたいことがあったらどんどん質問してください。

こちらは小児病棟でインターンシップをしている学生さん。

13:00~14:45
先輩と一緒に看護体験

午後も、先輩と一緒に行動します。

カンファレンス

14:45~15:30
院内見学

2グループに分かれて、院内見学に出発。
見たいところがあったら言ってくださいね。

職員ラウンジ

DEAN&DELUCAが入っています。日本の病院内には初出店だそうです。

新しい外来棟

15:30~16:00
病院の説明、質問タイム

慈恵には附属病院が4つあります。
それぞれの病院の特徴などを少しお話ししたり、学生さんの質問にお応えしたりします。
就職先を決める上で気になること等ありましたら、どんどん質問してくださいね。

インターンシップの様子をイメージしていただけましたか?
この他にも、患者カンファレンスがあったり、
実際のケアに一緒に入ったり、
日によっていろいろな場面を見ていただけます。
1年目スタッフが先輩にどのようにフォローしてもらっているか等もぜひ見て、
慈恵に就職したらこんな風に成長していくんだな、
というイメージを持っていただければと思います。
お待ちしています!

 

 

 

インターンシップの参加時期について

  • 当院では2月~8月に4病院それぞれでインターンシップを開催しています。
  • 実習で臨床体験をある程度積んだうえでの参加が望ましいと考えますので、基本的には最終学年が対象となります。
  • 7月から8月の夏休み期間中は大学3年生、専門学校の2年生の参加も受け付けております。

インターンシップの服装について

  • 服装の指定はありませんが、リクルートスーツで参加する方が多いです。
  • 夏場のジャケットの着用は必須ではありません。
  • 遠方からお越しの方のスーツケース等は、施錠した会議室にて保管可能です。

インターンシップの持ち物について

  • 実習で使用しているユニフォーム・ナースシューズ(事故防止のためサンダル不可。ナースキャップは不要)
  • 当院誓約書(ホームページ上より印刷)
  • 健康保険証のコピー
  • 昼食(各自、来院前にご準備ください)
    自宅からお弁当を持ってきても、近くのコンビニで買っていただいても大丈夫です。
    昼食は部署の休憩室で先輩看護師と一緒に食べます。