柏病院
看護部長メッセージ

 

~最適な治療・療養環境の提供を目指して~

地域包括ケアシステムにおける高度急性期医療の役割を発揮することを目標とし、多職種との協創による患者参画型のチーム医療の質向上に取り組んでいます。近年は、①24時間急患を断らないための病床管理 ②それぞれの専門領域が交わり総合的な医療の提供 ③地域完結型の医療、に力を注いでいます。外来から始まるPFMにより退院支援・退院調整の質向上が図れ、患者・家族にとって、より最適な意思決定ができ、最適な場所での生活を獲得していくことを可能にするための支援をしています。『看護の専門家として患者・家族の意思決定を支援し"その人らしく生きる”を支える』ことが重要であることを共通認識し看護力の底上げに前向きに取り組んでいきます。

~看護職としての誇りとは~

『相手の立場に立つ』ということの真の意味を理解しなければ、的のあった看護実践にはつながりません。看護職にしかできないことは24時間患者の生活を整えているということです。患者のニーズは何か、患者の持てる力とは、その人らしさとは何かを自分に問いかけながら、患者の抱えている問題の本質を見極めていくことが重要です。患者の持てる力を引き出し、より良く発揮させることのできる看護師として成長していきたいと思っています。

~専門家としての宝を探し続けて~

高度急性期からターミナル期と幅広い段階の患者との関わりから看護師としてのジェネラルな能力が養われ、更なるキャリアアップを支援します。専門家としての果てしなき道には、きっと宝が山ほどあるはずです。すぐ手に入るものではないかもしれませんが、自分の力で探して専門家としての喜びと誇りに変えていってください。皆さんの持てる力をより良く発揮させることができるよう支援していきます。                                                                               一瞬、一瞬を大切にしながら共に成長していきましょう。

看護部長 山岸 清美