葛飾医療センター
教育・研修制度

新人看護師教育研修

入職からの1年間は基礎教育期間とした「新人看護職員臨床研修」を行っています。また、
関連部署へのローテーション研修を行っており、PFMの視点で患者をみつめる力を養い実践に活かすことができます。

竹内香織(2016年入職 9F混合病棟)

毎月集合研修があり、同期と交流を深め互いの成長を感じ取り、悩みを話す場があるのでとても嬉しいです。看護技術の習得には、ハンドブックを用いる以外に、eラーニングが導入され充実しています。自分の時間で学習し、DVD視聴によりイメージしやすく実践の場面でとても役に立ちます。プリセプターやエデュケーションナースによるサポートがあり安心できます。

 

菅野奈菜(2016年入職 Eブロック外来(耳鼻咽喉科・眼科))

外来所属となり、技術面の体験が少ないため習得に不安と戸惑いでいっぱいでしたが、毎月行われる新人研修で、実際の事例を用いて指導者や同期と共に体験学習したことで、具体的にイメージでき、実践につなげることができました。また、同期同士で看護について語り合うことで、看護の見方が広がりお互いの成長を実感しながら前向きに頑張っていくことが出来ます。

 

卒後教育研修

■1年目研修

1年目研修

自部署と関連ある部署へ相互研修を実施。PFMの視点で患者を描く力に繋がっています。

■卒後研修

チーム医療ついて、他部門はどのような力を発揮しているのか相手の仕事を理解し協働につなげます。

卒後研修1 卒後研修2

 

4病院共通:新人教育プログラム