葛飾医療センター
看護部長メッセージ

看護部長 林 由美

 

地域との連携の中で実現する「その人らしさ」

葛飾医療センターは、地域密着型の大学病院として、「地域と共存し、創造し続ける病院」をコンセプトに、救急・がん診療など、様々な役割を担っています。地域の方々が「葛飾医療センターがあるから安心」と思える医療を提供し、地域に貢献する使命を持った病院です。そして、病気があっても、治療中であっても、どのように生活を営なむかは、一人ひとり個別の物です。患者さんの望む個別の生活の実現を目標に、生活者としてのその人を見つめ、病院の中だけでなく、患者さんが暮らす地域との連携をとっていくことを大切に、実践を重ねています。

ナイチンゲールの教えを実践に!

F・ナイチンゲールは 「病気ではなく病人を看護せよ」また、「自分自身の五感によってとらえた、さまざまな印象について、行き届いたこころを向ける訓練された力ーこれが看護師の必須条件」と述べています。五感を使った観察とその意味を考え、その人のもてる力が発揮できるための最善を追求すること。そして、その人のもてる力が発揮できた時、チームみんなで喜びを共有することを大切にしています。

これから看護の仲間になるみなさまへ

医師・看護師をはじめ多くの職種が患者さんを中心に「Team葛飾」として活動しています。このチームの中で自分自身を成長させながら、看護の専門性を発揮していきませんか?ナイチンゲールの考えを基盤とした教育プログラムで学びを深め、たくさんの患者さんと出会いながら看護することの楽しさや喜びを一緒に得ていきましょう。教職員一同こころよりお待ちしています。

 

看護部長 林 由美