葛飾医療センター
看護部長メッセージ

葛飾医療センター看護部長
看護部長 玉上 淳子

 

看護部の特徴

葛飾医療センターは、地域密着型の大学病院として、「地域 と共生し、創造し続ける病院」をコンセプトに、救急・がん診療など、さまざまな役割を担っています。また、在宅療養をしている患者さんの医療を地域で完結させ、患者さんが望む生活できるように支援する体制造りを、地域の病院施設と協力して実施しています。そして、患者さんの「住み慣れた地域・家庭で暮らしたい」を支援する体制をより密にするために、訪問看護ステーションの看護師との交換研修を開始しました。現在の慈恵医大病院が開設された時代は、患者さんは病院に入院するよりも、自宅治療を希望される方が多く、看護師はその要望に応えて派出されていたようです。つまり、慈恵の看護の歴史は、訪問看護から始まっていたのです。時代は廻り、慈恵の目指す看護の原点が葛飾医療センターでは、実践されています。

日頃からたいせつにしていること

ナイチンゲールは 「病気ではなく病人を看護せよ」という言葉を生涯のモットーとしていました。看護の対象に常に関心を注ぎ、患者さんの持てる力を引き出す関わりをしていきたいです。

看護学生へのメッセージ

自宅で治療を行うためには、患者さんを「生きて生活する」生活者として捉える看護の専門性が必要ですナイチンゲールの考えを基盤とした教育プログラムに触れながら、実践能力を身につけて、これからの時代を担う看護師として、共に成長していきませんか?教職員一同心よりお待ちしております。