葛飾医療センター
チーム医療

医師・看護師のみならず、薬剤師・栄養士・検査技師・MSWなど、他の医療従事者と互いにコミュニケーションをとり、チームとして協働し合い最善の医療をめざしています

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、医師・認定看護師・薬剤師・栄養士・MSWで構成され、病棟ラウンドを行っています。がん患者さんの疼痛、倦怠感、呼吸困難などの身体症状や、不安、抑うつなどの精神症状が緩和され、その人らしい生活が送れるように、薬物療法や看護ケア、食事の工夫などに関するコンサルテーションを行っています。  

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチームは、医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・管理栄養士で構成され、週1回ラウンドを行っています。入院患者の疾患の治療がより効果を上げるように、それぞれの専門分野の知識を出しあって、栄養改善に向けた支援を行っています。また、栄養に関する教育として勉強会やNSTニュースを発行しています。

呼吸療法サポートチーム(RST)

呼吸療法サポートチーム(RST)

呼吸療法サポートチーム(RST:Respiratory Support Team)は、①呼吸療法に関する質を高めること②医療事故の防止を支援することを目的にチーム医療活動をしています。医師、理学療法士、臨床工学技士、看護師が協働し、呼吸療法中の患者の院内ラウンド・呼吸療法に関する勉強会の実施、院内マニュアルの作成・整備に取り組み呼吸管理・ケアの充実を図っています。

IBDチーム(炎症性腸疾患)

IBDチーム(炎症性腸疾患)

毎月定例で、医師・看護師・薬剤師・栄養士で、治療や生活面での問題を抱える患者のケースカンファレンスを実施しています。疾患と向き合い生活の質を向上させるための支援の方向性や、患者の知識の向上やコミュニティの場としての患者会も企画・開催をしています。