第三病院
専門・認定看護師
専門看護師
がん看護 1名  精神看護  1名
認定看護師
がん性疼痛看護 1名 感染管理 3名
皮膚・排泄ケア 1名 小児救急看護 1名
集中ケア 1名 救急看護 1名
がん化学療法看護 2名 乳がん看護 1名
認知症看護 1名 訪問看護 1名
糖尿病看護 2名  脳卒中リハビリテーション看護 1名 

                                                                                                                     (2018年10月現在)

活動レポート

精神看護専門看護師

精神看護専門看護師

松橋 美奈

精神看護専門看護師は、身体疾患の治療を受ける中で不安や抑うつなど、精神的ケアが必要な患者さん、ご家族を対象にケアを行っています。入院を余儀なくされたとき、病気や生活への不安が起こるのは当然のことです。そうした患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながら、こころの健康の保持・増進に努めて行きたいと思います。患者さんの持てる力の発揮に努め、病棟看護師との連携を図りながら暖かい看護ケアの提供を目指します。

がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師

藤本 麗子

がんを患い、からだや生活の変化はあっても、その人そのものは変わりありません。変化を受け入れながら、自分らしい生活が出来るように、身体的な痛みに関しては生活調整の視点で出来る限りの解決を目指します。また気になる症状や気持ち、生活上の問題についても身体的な痛みと同様に、症状緩和や安心ある生活となるように支援を行います。“看護師さんに相談してみよう。”と思っていただける存在を目指し、看護しています。

訪問看護認定看護師

訪問看護認定看護師

酒井 省子

地域で暮らす疾病や障害を抱えた方々が縁あって、当院に通院されます。入院前から退院後の生活をイメージした看護を実践し、地域と切れ目なく繋がれるよう課題を見出し、橋渡しとしての役割を発揮していきたいと思います。また、どんな病気を抱えても人生一度きり、新たな生活を悔いなく過ごせるよう、意思決定を支援し、一人でも多く住み慣れた自宅(地域)で生活できるよう、専門的知識を活かし取り組んでいきます。

認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師

内木場 あゆみ

認知症患者さんにとって入院生活は、身体の変化や治療による苦痛、生活ペースの変化など負担となるものが多くあり、混乱した少なります。負担となっているものが何かをアセスメントし、調整することで患者さんが安心して療養生活を送ることができるよう支援しています。また患者さんの意思を尊重し権利を擁護することも重要な役割と考えています。