附属病院(本院)
教育・研修制度

新人看護師教育研修

入職からの最初の1年間は基礎教育をオリエンテーション期間と考え細やかな計画のもと、充実した「新人看護職員臨床研修」を行っています。

木村 寿実香(2016年入職 8E病棟勤務)

仕事や一人暮らしなど初めは戸惑うこと、不安に思うことがたくさんありました。しかし、新人研修会等で一年目はみんな同じような思いがあることもわかり、徐々に今の環境にも慣れ何とかなるものだなと感じています。日々新しいことがあり緊張もしますが、休日には同期や友人と遊び、リフレッシュしています。

 

隈元 仁美(2016年入職 9E病棟勤務)

入職に際し、初めての1人暮らしとなりました。当初は1人暮らし、入職1年目という環境に不安が大きかったことは事実です。しかし、同病棟には3人の同期がおり、今では何でも相談できる心強い存在となっています。また、寮生活では、寮内での友人も出来ました。休日には友人たちと外出したり、楽しく充実した毎日を送っています。

4病院共通:新人教育プログラム

 

卒後教育研修

[実践力強化研修Ⅰ・Ⅱ]

対象を全人的に見つめて根拠に基づいた適切な看護実践ができる力を養います。

[プリセプター研修]

臨床で学ぶことの意味を理解し、よりよい看護実践者を育成する力を養います。

[リーダーシップⅠ・Ⅱ]

問題意識を持ち、看護チーム全体の問題解決や看護部の目標達成のために主体的にリーダーシップを発揮できる力を養っていきます。

[エデュケーションナース研修]

プリセプターや新人看護師に対して意図的に適切な指導ができるように“教育担当者”の役割を理解するとともに、人材育成に必要な知識・技術・態度を修得していきます。 新人研修「いきいきナースをめざして」で作成したポスター
新人研修「いきいきナースをめざして」で作成したポスター

エデュケーションナースとは
看護部門の新人看護師の教育方針に基づいて各部署で実施される新人看護師研修の企画運営を中心に行います。厚生労働省が平成21年度に提案した「新人看護職員ガイドライン」の“教育担当者”の役割を担います。

TeamSTEPPS

当院では、患者さんの安全を第一に考え、職種や年代の垣根を越え、良好なチームワークによる安全な病院を目指しています。医療安全推進室では、米国で作成されたTeamSTEPPS(チームステップス)にいち早く取り組み、医師や看護師だけでなく、全ての職員がTeamSTEPPS研修を受講し、チームワーク向上のためのスキルを学んでいます。

TeamSTEPPS(チームステップス)