助産師募集のご案内

助産師として、ともに成長していきましょう

☞採用情報はこちら

慈恵では、ナイチンゲールの「看護とは、生命力の消耗を最小にするよう生活過程を整えること」という教えを基盤に看護を実践しています。助産師もこの考え に基づいて、胎児の健康な発育を促し、産婦が自ら生み出すことを助け、正常か異常かを根拠をもって予測し、適切な対応によって母と児の生命と安全を守りま す。そして、一人ひとりの生活に目を向け、新しい家族形成への支援ができる助産師を目指しています。

私たちがめざす助産師像

  • 1) 充実した教育・研修で、看護師としての基礎を学びながら、助産師として独り立ちする
  • 2) 特色ある4つの附属病院での臨床経験で、人間性豊かな助産師として成長する
  • 3) 周産期医療のプロフェッショナルとして、チーム医療の中で活躍できる

教育プログラム

集合教育と現場教育をリンクさせながら、ラダーを指標にキャリアアップできる体制を整えています。新人1年目は、新人教育プログラムをベースに、看護師としての基礎つくりを行い、現場教育でプリセプターや先輩、医師の力を借りて助産師としての知識・技術を習得します。具体的には、褥婦ケア・ハイリスク妊娠・新生児ケア・分娩介助・NICU(希望者)などの周産期看護を、段階を追って習得していくとともに、疾患を持つ妊婦の看護も深めていきます。分娩介助は、ハイリスク分娩も含めて、プリセプターがともに行いながら知識・技術を確認したうえで、安心して自立できる体制をとっています。

  • レベル1        安全・確実な基本的な授産ケアが実践できる
  • レベル2        個別的な助産実践ができる
  • レベル3        助産実践の役割モデルとなる
  • レベル4        教育的役割・周産期マネジメント実践ができる

助産師の活動

附属病院(本院)

特徴

2000年、日本で初めて大学内に「総合母子健康医療センター」を開設しました。ハイリスクや合併症を持った妊婦の出産を多く受け入れています。また、慈恵4病院の基幹病院として、母体搬送を積極的に受け入れています。

さらに2020年、「総合周産期母子医療センター」開設に向けて、さまざまな段階にある母子に全力をつくして、バトンをつなぎ、心のこもった支援ができる人材を育成するために、小児・産科領域の看護師・助産師によるチーム化と夢や看護を語る会として「はぐくみプロジェクト」を発足しました。

附属病院(本院)ならではの、助産師育成計画はこちらをご覧ください。

本院では、2020年の新病院開設に向け、多様化する産科領域の実践能力を更に高めていく目的で、産科病棟以外への初年度配属も育成計画に取り入れております。
 詳細は、就職説明会やインターンシップ等で直接ご確認ください。 
 平成30年8月現在、附属病院(本院)の産科病棟での勤務を希望する助産師経験者を募集しています ☞採用情報はこちら

なお、第三病院・柏病院は産科病棟への配属/葛飾医療センターの産科は他科との混合病棟になっています。 

参加者

小児・周産期領域の看護師・助産師(現在はリーダーナース)

活動内容
  • ありたい姿(看護)の共有。新病院でどんな看護・助産をしていきたいか、夢を描き、院内で発表
  • 事例検討
  • ナイチンゲール「看護覚え書」抄読会
  • 講演会の開催(今年は看護部長)
輩メッセージ

  • 2012年入職/東京医療保健大学助産学専攻科卒
  • 佐々城 麻美
  • 入職前はお産によって、みんなが幸せになれると思っていましたが、入職1年目に外来を担当して、一人の赤ちゃんが生まれてくるまでにはさまざまな背景があることを不妊治療などを通して知ることができ、大変勉強になりました。

葛飾医療センター

特徴

産科病棟と一般病棟の混合病棟で構成されていて、看護師と助産師が協働して産科の領域を担当します。同フロアに小児病棟もあり、GCUとの連携や、小児科の医師・看護師ともすぐに連携できる環境にあります。

先輩メッセージ

  • 2013年入職/帝京平成看護短期大学助産学専攻科卒
  • 吉田 愛恵
  • 出産は命にかかわることもあります。母子2人の命を預かるという責任は重大ですが、その分、無事に出産できた時の喜びはひとしおです。出産をよい思い出として残してほしいので、妊産婦さんに寄り添うことを心がけています。

第三病院

特徴

当院では、地域密着型の医療を提供しています。母乳育児を推進し、妊娠中から産後の母乳確立までをていねいに支援するほか、乳腺外来では他院で出産したお母さんを受け入れるなど、地域で安心して子育てができるよう支援しています。

先輩メッセージ

  • 2010年入職/長崎県医師会看護専門学校助産学科卒
  • 橋口 愛
  • さまざまな経験を通して、幅広い知識や技術を身につけた助産師になりたいと思い、産前から産後まで、そして退院後も助産師外来などで支援できる体制が整っている当院に入職しました。現在、母乳外来で充実した毎日を送っています。

柏病院

特徴

当院では、千葉県東葛北部地域の母子搬送を受け入れ、小児科と連携を取りながら、生命を育むことに力を入れています。助産師外来や母乳外来などで助産師が主体となって支援できる環境で、やりがいも大きいです。

先輩メッセージ

  • 2007年入職/日本赤十字看護大学大学院国際保健助産学専攻卒
  • 本橋 良美
  • 私の助産観を尊重したうえで、母子と関わる素晴らしさを指導してくれる先輩や、母子を支える情熱を教えてもらった同僚と一緒に、充実した毎日を送っています。また、母子からもらえるエネルギーは何物にも代えがたく、私を成長させてくれます。