先輩メッセージ

組沢 身友希
2008年入職 附属病院(本院) 14H病棟

患者さんは入院中、病気や治療のことだけでなく家庭環境や退院後の仕事のことなど、様々な問題を抱えています。患者さんの背景を理解し、病気と付き合いながらどのように生活していくことがベストなのか…、患者さんやご家族とともに考えていくことにやりがいを感じています。生命をあずかる仕事なので、緊張や不安もたくさんあります。しかし年代を問わず、思いを共有できるスタッフに恵まれているので、乗り越えることができます。成長を実感できるこの環境で、私たちと一緒に働きましょう。

若尾 梨沙
2007年入職 葛飾医療センター 7A病棟

私は外科病棟に所属しています。日々状態が変化する患者さんをしっかりアセスメントし、タイムリーな看護の提供を心がけています。病院内のいたるところで「FISH!」哲学の精神が広がり、スタッフ間の雰囲気もよく、働きやすい環境です。また、当院ではPFM(ペーシェントフローマネジメント)が導入され、患者さんやご家族の思いに寄り添った看護を提供することができます。同じ目標を持った仲間と働くことができ、充実した日々を送っています。一度、当院を見にきてください。お待ちしています。

浅子 理恵
2013年入職 第三病院 3A病棟

私たちは、ナイチンゲールの考えに基づき「その人らしさ」を大切に、看護を日々実践しています。多岐にわたる看護の仕事に追われるとつい、病気ばかりに目を向けてしまいがちですが、患者さんがどんな時代に生まれ、どんなことを大切にされてきたか、患者さん自身に関心を寄せながら接するよう心がけています。患者さんやご家族と一緒に悩み、笑い、涙し、人生のちょっとしたお力添えができる看護師という仕事は、とてもやりがいのある仕事です。私たちと一緒に充実した看護を実践していきましょう。

田中 勇気
2012年入職 第三病院 集中治療室

集中治療室では、生命の危機的状況にある患者さんが生活されています。人工呼吸器を装着されている患者さんなど、コミュニケーションをとることが難しい患者さんも多くいらっしゃいます。重症な患者さんであればあるほど、治療や病気にばかり目が向きがちになってしまいますが、一番身近で患者さん・ご家族を支える看護師として「自分だったらどう思うだろう」と立場を変換し、言葉にならない声に耳を傾け、思いを汲み取ることができるように日々看護を実践しています。皆さんもぜひ一緒に働きましょう!

曽根 佳葉子
2005年入職 柏病院 5A病棟

約15年前に九州の看護学校を卒業後上京し、土地勘もなく不安な中、必死で日々過ごしていました。しかし、いつも傍で見守ってくれるプリセプターや、苦楽を共に乗り超える同期が沢山おり、厳しくも温かい指導をしてくれる上司や先輩が常にいて支えてくれました。様々な研修は、自分の看護スキルが向上し、ステップアップしていることが実感できます。終末期患者の意思決定支援においては、患者・家族の「家に帰りたい。」を叶えるため、多職種で協力し合い実現することができた時は、本当に嬉しく感じました。このように、看護の醍醐味を味わいながら、今では2人の子どもを育てながら楽しく働いています。

志水 梨紗
2014年入職 柏病院 ICU

ICUには、重篤な症状を表した継続的に全身の状態管理が必要な患者さんや、手術後に高度な状態管理が必要な患者さんなど、急性期の重症患者さんが入院されています。患者さんの命を預かっていることに日々不安と緊張はありますが、先輩・後輩のチーム全員で患者さんの回復をサポートできるため、とてもやりがいのある現場となっています。
また、「病気を診ずして病人を診よ」という建学の精神をもとに、患者さんの心に寄り添うことを大切にしています。心に寄り添い、不安を共有しながら、回復に向かう患者さんからの感謝のお言葉は何よりも励みになります。患者さんと共に疾患と闘う白衣の天使(戦士)の仲間になりませんか?